旧ラメールブログ

ラメールミュージカルスクール公演に向けて、みんながんばっています!

2月28日、3月1日に上演するラメールミュージカルスクール公演「エンシェント ラブ」に向けて、総勢43名のスクールの子供たちが練習に励んでいます。

ラメールミュージカル

上半期は月に1回のペースでレッスンがありますが、下半期は公演に向けて、2回、3回・・・と、みっちりになってきます。1月はほぼ毎週レッスンがありましたが、みんな一生懸命お稽古に取り組みました。上級生のみんなは、平日の抜き稽古にも積極的に参加し、週末のお稽古をひっぱってくれました。

 

今年は、ラメール開館から20周年を迎えます。20年間ずっとミュージカルのご指導をしてくださっているモンデン モモ先生も、公演の成功に向けて、子供たち一人一人を本当に日々熱心にご指導してくださっています。

今回は、モモ先生原作・作詞・作曲・演出・音楽の「エンシェント ラブ」。

文字のある島と無い島の物語です。文字の無い島の少年カイは、航海に出て嵐に遭います。そんな中、イプシローヌと妖精たちに出会い、文字の秘密を知り、物語が始まります。

音楽は、美しい音楽から、異国情緒あふれる音楽と、様々です。

 また、昨年に引き続き、日舞をご指導いただいている西川沢妙先生に日舞のシーンを、HIP HOPをご指導いただいている齋藤芽依先生にはアフリカンダンスのような特徴的なダンスをつくっていただき、盛りだくさんです。

ラメールミュージカル

素敵な公演になること間違いなしですので、是非多くの方にご来場いただけることを願っております。

ラメールミュージカルスクール公演に向けて、みんながんばっています!:関連情報