劇団四季ファミリーミュージカル『ガンバの大冒険』

タイトル
劇団四季ファミリーミュージカル『ガンバの大冒険』

 

 

開催日
2017/10/08
時間等
15:30開場、16:00開演
料金

1階席:4,000円 2階席:3,500円(全席指定・税込) 
※3歳以上有料(3歳未満の場合も着席鑑賞は有料)
※無料託児あり(要予約、9/28(木)申込〆切)

★チケット好評発売中★

概要

今年もラメールに劇団四季がやってくる!!
パワフルな歌と踊り、手に汗握る冒険ミュージカル。
劇団四季の大迫力の舞台を、劇場で体感しよう!


やあ、みんな。俺はガンバ、人間の家の床下にある貯蔵庫で、
平和な暮らしを楽しんでいる町ネズミだ。

ジャガイモはたくさんあるし、静かで、敵も来ない。
これを幸せって呼ぶのかも知れないけれど、
実はこのところ、"何か大きくて広いもの"が
俺を呼んでいる気がして仕方ないんだ。

そんなところにやってきた仲間の町ネズミ・
マンプクに連れられて、俺は年に一度開かれるという
船乗りネズミのパーティーに参加してみることにした。

そこで出会ったのは、
足の速さはピカイチのイダテン、
いつもサイコロを持ち歩くイカサマ、
力自慢のヨイショ、
踊りの得意なバレット、
物知りのガクシャ。

船乗りネズミたちは個性豊かな奴らだった。
彼らの話によると、海の旅にでればゾクゾクするような
経験ができるらしい。
その言葉を聞いて、俺はなんとしても
冒険の旅に出てみたいと思ったんだ。

そんな楽しいパーティーの途中、
船乗りネズミのシジンが連れてきたのは、
体中傷だらけで血を流している忠太。

聞いてみると、忠太の住む「夢見が島」は今、
イタチのノロイ一族に襲われて、
島に家族を残して命からがら助けを求めて来たのだそうだ。

「これこそ冒険だ!島の仲間たちを助けにいくぞ!!」

だが、船乗りネズミたちは気乗りしない様子。
さっきまで俺に「冒険はすばらしいものだぞ」
なんて言っていたのは誰なんだ?

「イタチがどんなに恐ろしい敵だろうと、
死ぬことを恐れて何ができる?俺は一人でも島へ行くぜ!」

この一言が、みんなの心に響いたのか、
結局、島へ一緒に行くことになったのは、
ボンヤリ、オイボレを加えた個性豊かな10人。

どんな敵が待ち受けているのか・・・。
いざ冒険の旅へ出発だ!

プレイガイド

劇団四季予約センター(0120-489444)
SHIKI ON-LINE TICKET http://489444.com(パソコン・携帯)
e+(イープラス)http://eplus.jp(パソコン・携帯)
※島根・雲南公演のお申し込みはこちらからどうぞ。

【雲南】雲南市加茂文化ホールラメール[0854-49-8500]、チェリヴァホール[0854-42-1155]
【松江】島根県民会館チケットコーナー[0852-22-5556]、プラバホールチケットコーナー[0852-27-6400]、タカキ楽器店[0852-21-4509]、今井書店グループセンター店STUDIO WONDER[0852-20-8686]
【出雲】出雲市民会館[0853-24-1212]、アツタ楽器[0853-22-7322]、今井書店出雲店[0853-22-8181]


劇団四季ファミリーミュージカル『ガンバの大冒険』:関連情報