旧ラメールブログ

ラメールで技能検定(舞台機構調整技能士試験)がありました

12476913_1026881820704045_1864282801_o

 全国都道府県の職業能力開発協会が行う技能検定(国家検定)がラメールでありました。ラメールで行われたのは、舞台機構調整技能士(音響)という種目で、ステージで活躍する音響スタッフのための国家検定です。

12752151_1026880710704156_1776598285_o

 昨年から、この技能検定が島根県民会館で行われていますが、今年は島根県民会館が改修工事中ということで、今回は特別にラメールを会場に実施していただきました。

 今回行われたのは、一級と二級の試験で、一級合格者には厚生労働大臣から、また二級合格者には島根県知事からそれぞれの合格証書と技能士章が交付されます。検定は、全国統一の学科試験、要素試験(ヒアリング)、実技試験の3つの試験で構成されていて、実技試験では、アーティストの演奏に合わせて時間内に機器をセッティングし、実際に音響をするというものです。

12765794_1026880754037485_1066067571_o

 試験は、二日間に分けて行われ、主に島根県内で音響に携わる方々が受験をされました。ラメールらしいところでは、演奏して下さるアーティストに雲南市にご縁のある三代善政さん(勾玉オールドサウンズ)やシンガーソングライターの菅田さん(雲南市木次町)、ピアノ教室を主宰されている森脇さん(雲南市大東町)に演奏していただきました。

 国家検定ということもあり、会場の雰囲気は張り詰める緊張感たっぷりでしたが、雲南市のラメールで、雲南市のアーティストが演奏する国家検定が行われ、無事に開催できたところに今回の意義があるように思いました。また、3人の検定員のうちの1名に㈱キラキラ雲南の職員が参加し運営にあたりました。これも㈱キラキラ雲南にとっても光栄なことでした。

ラメールで技能検定(舞台機構調整技能士試験)がありました:関連情報